スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

点と線とルーレット

先日の続きです。引き続き、おヒマな方だけ読んでください。
ただ、あくまでも裏キバンとかスットロイ与太は無視して
パチンコはヒラで完全確率ゲームとしての理論です。

カジノのルーレットを想像して頂きたい。
赤と黒だけを当てる確率50%のルーレットの必勝法をご存知だろうか?
やり方は
①赤なら赤、黒なら黒だけに賭け続ける。

②負けたら倍の掛け金を賭けて続行。当たるまで倍賭け。

③浮いたら即ヤメ。
っというモノ。だが、注意点はある。「浮くまで賭け続ける」だ。
途中で持ち金が無くなるというパンクは許されない。
さて、この必勝法をパチ雑誌に当てはめてみると・・・
①をチョロっと紹介しているだけで、②や③については一切触れていない。
これのドコが必勝ガイドなのだろうか?
まぁ、一部トンチキオカルト雑誌は”ヤメ目”なんてモノを紹介しているが・・・
それは余りにも論外なので無視します。

ルーレットの話が出たからついでに。
パチンコをカジノルーレットに例えてみると、
パチンコ打つヒトって何になるだろうか?
①ルーレット盤に玉を投げ入れる人
②背後でざわざわ言っている黒服
③自分の勘で、玉が来ると思われるトコらへんにBETしまくる客
どれも違う。
正解は千円で約20回、00(ジャックポット)に賭け続けるヒト。
ただそれだけ。(玉振り人形は機械だとします)
それをどうもね、雑誌ってのは、ヒキやらツキやら何やら言って、
打ち手を”主人公にも見える①”であるかのごとくクッチャベル。
そりゃ、「いっけぇえ~~~!!!」とか言って玉を投げ入れるのは楽しいだろうさ。
でもね、この認識の差ってのは、非常に重大な差だと思う。
アカギで言うとこの「後の6巡」ってヤツ。
非常事態時に勝負を決してしまうほどの認識の甘さ。

そもそもさ。鬼笑は実際に釘調整をしてきたが、
一回も客のツキやら運やらを想定して調整したことがない。
だから、なるようになる!なんて言ってると、店のマイナス調整通りにしかならない。
だから鬼笑は「成るべくして成る、勝つべくして勝つ」っという道を選ぶ。
これは雑誌の言うこととは違う。まったく無視している。
確固たる完全確率ってものを体験してきたからね。

以上の考えの元、打ち手のセンスを問う質問をしてみる。
「Aくんは千円で20回まわり、Bくんも千円で20回まわります。
 AくんがBくんに勝つにはどうしたらいいでしょう?」
・・・なお、これには決まった回答は無い。
なにせ、打ち手個人のセンスだから。
同じような回答だとしても言い方で個性は出るしね。千差万別。
そもそもAくん&Bくんの未来の点なんてわかんないし。
ま、秋の夜長にこんなことを考えてみるのも一興かな?

っとまぁ、長々と書いてきましたが、まだまだほんの一部。
でも、もう飽きたのでヤメ~。長いンだこれがまた。
それに・・・”実にどーでもいい事”だしね。
ただ、雑誌って鬼ブログ以上に雑だなぁ~っと思う。
間違っても、パチ雑誌は聖書ではないねって事で~。
あと、踊らされるンだったら、もうちょっとマシなもんで踊りたいさね。

最後に蛇足。鬼笑は、ういちが生理的に嫌いです。
なんだろう?鬼笑の一方的な感情なんだが、
ういちと一緒に歩きたくも無いし、一緒に飲みたくも無い。
ほんと視界に入ってくんなよレベル。(ファンの方には申し訳ないが)
人当たりの良い鬼笑がここまで他人を嫌悪するのはレアな現象だ。
なお、大崎一万発さんとは非常に飲みたいと思う!
そんでもって、ダニ村は市中引き回し!っという裁判員裁判をやってみたい。
オカルト以前に漫画家としても問題あるし、悪影響極まりないし、
パチンコの品格を落としてるし、基本ウソばかりだし、
CRエヴァが出るたびにアヤナミの格好するし。(←極刑モンっすわ!)
うわ!なんかオイラ突然、司法を司りたいっと思った!!
っとまぁ、いつも以上に好き勝手な鬼ブログでした!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

パチンコについて何も知らない素人の私が、その二人をググってみた(´∀`)

谷村という漫画家については批判ページか生ぬるく観察するページが主にヒットwwww
どの業界(?)にも変な人がいるのですねぇ。

あとA君とB君ですが、
B君が何も考えず打つ人というのが大前提ですが、A君はデータ収集しつつ負けそうであればすぐ引く、無駄な勝負はしない、という所でジワジワ差が開くのかな、と鬼笑さんのブログ読んだ素人は考えました。

パチンコしないけど、こういう理論は読んでて面白いです♪

 大変に共感することしきり。まさか、オッサンやオバチャン以外でそのあたりの「謎の流れ」を信じている奴はそれほど居ないと信じたい…ですが、実際はネー。

 まあ雑誌は雑誌で、ヒキや流れを完全に排除して作ろうとしたら1機種2ページで終わっちゃうから大変なのは大変でしょうけどね。情報雑誌てより創作・娯楽雑誌の趣。

 ういちが嫌いなのはなんだか意外でした。まあ確かにオカルト系打ち手の最たるものでしょうがw彼も本気でやっているわけではなさそうだし、なにより鬼様はそのへんの思想の違いだけでそれほど嫌いにはならない方でしょうので、ほかの理由または生理的なアレがあるのだろう…!

 連コメント失礼します。A君とB君の質問にツマンネー回答を残しておこうかなあと思った!

a.20回がボーダーをわずかにでも上回っているなら
 トイレに行く時間・メシを食う時間等、台から手を離している時間をBよりも少なくする

b.20回がボーダーをわずかにでも下回っているなら
 いますぐ帰る/打ち続けるという前提ならなるべく保1とか保2で止めて演出をたっぷり楽しみまくる(笑

c.ボーダーピッタリ(問題がそういう前提なのでしょうが)なら
 祈る

 ツマンネエー。…しかし実際にボーダーピッタリなんてほとんどの場合であり得ない(実際に完璧な精度のボーダーを求めることすら現在の科学力では無理なのでは?)ので、必ずaかbどっちかになるんでしょうケドネ。
プロフィール

七笑

Author:七笑
新起動!
七笑として七転八倒!

top0.jpg
SLOTねこみみ会館
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
本家スロ猫HPもヨロシク!


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ピクシブにも適度に投稿してまっす!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
パチンコゲーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。